相談先の選び方

債務整理を法律事務所に相談する事にしたとしても、次はどこの法律事務所へ相談すれば良いのか?という事になります。まず、職業は同じ弁護士であってもそれぞれに得意な分野というものがあるのです。つまり債務整理の相談をするなら、こうした借金問題を得意とする弁護士が所属している法律相談所を選ぶべきなんですね。今までどれくらいの債務整理を取り扱ってきたのかなど評判を調べて、実績のある法律事務所を選択するようにしましょう。

また、法律事務所で相談をする場合、相談料が無料のところを選ぶと納得するまでじっくりと話を聞いて貰う事が出来ます。多くの法律事務所では初回の相談料が無料となっていますが、相談先によってその時間は異なっています。出来るだけゆっくりと時間をとって貰える法律事務所なら尚良いですね。中には初回だけではなく、相談は何度でも無料としている法律事務所もあります。

また、料金体系が明確かどうかというのも法律事務所を選ぶ時の重要なポイントですね。料金体系が明確でない場合、いざ依頼する事になた時に、高額な請求をされたり別途費用が発生する事があります。そういった事にならないように注意してくださいね。このように債務整理を考えるなら、借金問題を得意とし実績が高いこと、無料相談(短時間ではなく)があること、料金体系が明確であることの3点に注意して相談先を選びましょう。

法律事務所で相談

債務整理を考えたなら、まずはじめに行うべき事は専門家への相談になります。債務整理を取り扱っているのは、法律事務所または司法書士事務所となり、弁護士が所属しているのが前者の法律事務所となります。債務整理の相談なら、弁護士の所属している法律事務所がオススメです。

何故なら弁護士の場合は、任意整理・特定調停・民事再生・個人破産のいずれの債務整理であっても、依頼者の代理人として書類の作成から債権者との交渉や控訴などの全てを本人に代って行う事が出来るのです。

一方、司法書士の場合はどうなるのかというと、任意整理の場合にしか代理人となる事が出来ません。しかも、金額に関しても1社あたりの依頼者の経済利益が140万円を超える場合は、任意整理であっても代理人を引き受けられないのです。もし、経済利益が140万円を超えた場合、司法書士は代理人としての資格をうしなってしまうのです。すると140万円を超えた経済利益を享受するには、新しく弁護士に依頼をするかもしくは140万円で和解成立するか、どちらにしろ損をしてしまいますね。

そのため、債務整理をするのなら始めから弁護士の所属する法律事務所へ相談をする方が、どんな問題にも対応する事が出来るのでオススメなのです。

債務整理はどこで行う?

複数の業者から借金をするなど、もうどうにも首が回らなくなってしまった場合、おまとめローンさえ出来ない事があります。そうなると、もう解決手段として残されているのは債務整理しかありません。債務整理には、任意整理・特定調停・個人再生・自己破産の4種類があります。上記のどの方法を選択すれば、一番メリットがあるのかは借金の状況によって一概には言えません。一見一番デメリットが高いように思える自己破産ですが、状況によっては自己破産が最も生活を立て直すために有効という事もあるのです。

しかし、そんな債務整理は一体どこでどの様にして手続きを行えば良いのでしょう。債務整理は自分一人でも出来ない訳ではありませんが、実際問題として選択した方法によって手続き方法や用意しなければいけない書類も異なるなど、かなり専門的な知識が必要となります。場合によっては、裁判所へ出向いたり、民生委員の所属する事務所へ訪問しなければいけない事もあるのです。

こうした事を考えると、一人で債務整理を行うのではなく専門家に依頼をする事がスムーズに手続きを進められ、そして良い結果に繋がることでしょう。では、一体誰に債務整理の手続きを依頼すれば良いのかという事になりますね。

債務整理の依頼は通常、弁護士または司法書士にお願いする事になります。ただし、弁護士と司法書士では債務整理業務において出来る事が異なるという違いがあります。中には、弁護士しか扱えない案件もあるため債務整理はどこに依頼するべきか良く考えて決定しなければいけません。