法律事務所で相談

債務整理を考えたなら、まずはじめに行うべき事は専門家への相談になります。債務整理を取り扱っているのは、法律事務所または司法書士事務所となり、弁護士が所属しているのが前者の法律事務所となります。債務整理の相談なら、弁護士の所属している法律事務所がオススメです。

何故なら弁護士の場合は、任意整理・特定調停・民事再生・個人破産のいずれの債務整理であっても、依頼者の代理人として書類の作成から債権者との交渉や控訴などの全てを本人に代って行う事が出来るのです。

一方、司法書士の場合はどうなるのかというと、任意整理の場合にしか代理人となる事が出来ません。しかも、金額に関しても1社あたりの依頼者の経済利益が140万円を超える場合は、任意整理であっても代理人を引き受けられないのです。もし、経済利益が140万円を超えた場合、司法書士は代理人としての資格をうしなってしまうのです。すると140万円を超えた経済利益を享受するには、新しく弁護士に依頼をするかもしくは140万円で和解成立するか、どちらにしろ損をしてしまいますね。

そのため、債務整理をするのなら始めから弁護士の所属する法律事務所へ相談をする方が、どんな問題にも対応する事が出来るのでオススメなのです。