債務整理はどこで行う?

複数の業者から借金をするなど、もうどうにも首が回らなくなってしまった場合、おまとめローンさえ出来ない事があります。そうなると、もう解決手段として残されているのは債務整理しかありません。債務整理には、任意整理・特定調停・個人再生・自己破産の4種類があります。上記のどの方法を選択すれば、一番メリットがあるのかは借金の状況によって一概には言えません。一見一番デメリットが高いように思える自己破産ですが、状況によっては自己破産が最も生活を立て直すために有効という事もあるのです。

しかし、そんな債務整理は一体どこでどの様にして手続きを行えば良いのでしょう。債務整理は自分一人でも出来ない訳ではありませんが、実際問題として選択した方法によって手続き方法や用意しなければいけない書類も異なるなど、かなり専門的な知識が必要となります。場合によっては、裁判所へ出向いたり、民生委員の所属する事務所へ訪問しなければいけない事もあるのです。

こうした事を考えると、一人で債務整理を行うのではなく専門家に依頼をする事がスムーズに手続きを進められ、そして良い結果に繋がることでしょう。では、一体誰に債務整理の手続きを依頼すれば良いのかという事になりますね。

債務整理の依頼は通常、弁護士または司法書士にお願いする事になります。ただし、弁護士と司法書士では債務整理業務において出来る事が異なるという違いがあります。中には、弁護士しか扱えない案件もあるため債務整理はどこに依頼するべきか良く考えて決定しなければいけません。